ウサイン・ボルトがフライング一発失格!世界陸上

ウサイン・ボルトの走り、決勝ゴール、優勝を一瞬を見ようとTVにかじりついたが、
ウサイン・ボルトがフライング一発失格!

誰もが予想しなかった結末となった。

男子100メートル決勝での大波乱。
9秒58の世界記録を持つウサイン・ボルト(ジャマイカ)が痛恨のフライングで失格。
2大会連続の金メダルが確実視されていたが・・・。

ボルトの練習パートナーのヨハン・ブレーク(21=ジャマイカ)が9秒92で優勝。


ウサイン・ボルトはピストルが打ち鳴らされるより一瞬早く、飛び出した。

ユニホームをトラックに脱ぎ捨て、失意の表情で天を見上げ
口をゆがめ、叫んだ。
後方の壁に頭をぶつけ、控室に通じるカーテンに頭をこすりつけたそうだ。

昨季から一発失格へ変更されていた、フライング・・
従来の「2回目に犯した選手が失格」というルールから、変更を改めて知った。

その瞬間の観客のザワメキが続く。印象的だった。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック